水の結晶

·言葉の結晶、水からの伝言。
「水の結晶写真」

言葉や文字には、それぞれ固有のエネルギーが宿っています。
水に、よい言葉や文字を見せたり、音楽を聴かせると、
「水の結晶」は美しく変化するそうです。

★ 例えば、「愛や感謝」のような言葉は、美しい結晶を作り、
逆に、暴力的な言葉は、水の結晶が壊れてしまうのである。
水には見えない世界のエネルギーを映す性質があるようです。

これまで長年、「意識や言葉」にはエネルギーがある、と言われてきました。
しかし、いくらそうは言っても、見えないものは、容易に信じることができません。
また、それを目で見えるような形で示すものもありませんでした。
ここにきて、ようやく、それを証明するようなものが現れてきました。

これを事実として見せてくれたのが、水の研究で有名な、I.H.M.総合研究所の「江本勝 氏」である。目に見えぬ世界の一端を、事実として明らかにしたという点で画期的な出来事である。
 

「ありがとう」の結晶 「ばかやろう」の結晶

写真は、I.H.M.総合研究所
より転載しています。
「よい言葉」を口にすれば、回りによいエネルギーを与え、逆に「悪い言葉」を口にすれば、破壊のエネルギーとなってしまうのである。文字や言葉にも固有の波動?エネルギーがあるのです 。
古来より、日本では「言霊」(ことだま)という言葉があり、「言葉には霊が宿っている」と信じて、言葉のもつ不思議な力に気づき、それを重要視してきました、
昔から「言葉を選びなさい」「言葉を大切にしなさい」などの教えがあるのはこのためです。
 

「しようね」の結晶 「しなさい」の結晶

「しようね」は、『ひまわりの花』のような美しい結晶です。キレイですね。
これに対して、「しなさい」は結晶を作りません。命令形は、心に伝わらないのです。
ちょっとした言葉でも、こんなに大きな違いがでてきます。意味深いですね。
 

「愛·感謝」は、黄金の輝きです 「自己愛」の結晶

 

·最も美しい結晶をつくるのが「愛?感謝」という言葉であるという。
それは、最高の美、完璧な輝きの結晶である。
やはり、この世の中で「愛と感謝」の気持ちに勝るものはない、ということでしょう。

無条件の愛、博愛という言葉に代表されるように、愛は崇高なエネルギーです。
そして、あらゆる宗教の根源もここにある。それは私たちへの「メッセージ」です。
愛と感謝が最高のエネルギーならば、 今、私たちに最も必要とされるのは、
「愛と感謝」になります。言葉で言うと 「ありがとう、愛してます!」。