ゾクチェンとは

(普賢王如来)(

 

  ゾクチェンというのは悟った大恩上師が引き継いできた法のことであり、衆生を助けるためのもっとも力強いパワーです。ゾクチェンの法を頼りにし、我われは成仏できます。ゾクチェンという法は衆生が苦痛を離れる手段です。
(2011年6月29日に慈成加参リンポチェが亜青寺にて諭した法話より)
  チベット語の「」(Zogqên)の音訳で、「大いなる完成」(ゾクパ?チェンポ)を意味し、人間を含むあらゆる生き物(有情)の心性における本来の様態、または本有的にあるがままで完成された姿のことを指している。漢訳は「大円満」または「大究竟」、英語では Great Perfection などと訳される。アティ?ヨーガとも呼ばれる。